活用事業のご紹介|宮崎県都城市ふるさと納税特設サイト
2019年04月01日

観光力強化推進事業

観光力強化推進事業
1 事業目的
 2020年の東京オリンピック・パラリンピック、 2025年の大阪万博、2026年の宮崎国体が開催されることに伴い、このチャンスを活かして本市への国内外の観光誘客を促進するため、プロフェッショナル人材を全国から公募して配置し、新たな観光戦略を推進します。
 また、本市の代表的な自然景勝地で、日本の滝100選にも選ばれている「関之尾滝」及びその周辺について、本市の観光の目玉施設として位置づけ、大胆なリニューアルを行うことによって、更なる観光誘客の増加を図ります。

2 事業概要
 ○観光プロフェッショナル人材の配置
  観光分野に精通したプロフェッショナル人材を、全国から公募して「(仮称)観光イノベーター」として配置することにより、本市 の観光政策のグランドデザインを描くとともに、観光協会をはじめとする関係団体等と連携しながら、本市への新たな観光誘客策を展開するなど、観光戦略を強力に推進します。
 ○関之尾公園のリニューアル
  関之尾滝を含む関之尾公園を「魅せる観光地」として設定し、新たな誘客を図るためのリニューアルに関する基本計画を策定します。
 
3 予算額
 18,982千円
  【内訳】
   ・(仮称)観光イノベーターの配置(委託料)     8,756千円
   ・関之尾公園リニューアル基本計画(委託料)  10,042千円  外


2019年04月01日

高齢者安全運転サポート事業

高齢者安全運転サポート事業
1 事業目的
 近年、高齢運転者による重大事故が発生し、その対策が喫緊の課題となっています。そこで、高齢運転者の交通事故防止を目的として、満65歳以上で自動車の運転を継続する希望者に、実車訓練等の安全運転サポート事業を官民連携(本市、都城警察署、都城地区交通安全協会、警友自動車学校、ナカムラ自動車学校)で行い、交通事故発生ゼロを目指します。併せて、本市が行っている敬老特別乗車券(バス券)の対象者に満65歳以上70歳未満の運転免許証の自主返納者を新たに加えることで、運転免許証を自主的に返納しやすい環境づくりを促進します。

3 予算額
 972千円

2019年04月01日

おくやみ窓口構築事業

おくやみ窓口構築事業
1 事業目的
 死亡に係る手続は、大切な人を亡くされたばかりの御遺族にとって「必要な手続が分からない」、「申請書を何枚も書かなければならない」といった精神的負担、事務的負担が大きいものとなっています。このような負担の軽減を目的として、御遺族に寄り添って死亡手続をサポートするおくやみ窓口を市民課に設置します。

2 事業概要
 御遺族から聞き取り等を行い必要な手続を特定し、故人の情報等を記載した申請書をおくやみ窓口で一括して作成することにより、死亡に係る手続の負担を軽減します。また、該当する窓口を御案内することにより、手続漏れが生じないよう配慮します。マイナンバーカードをお持ちの場合は、カードの情報を読み取って申請書を作成しますので、手続時間がさらに短縮されます。

3 予算額
 11,044千円
2019年04月01日

本庁舎トイレユニバーサルデザイン化事業

本庁舎トイレユニバーサルデザイン化事業
1 事業目的
 来庁者の多い本庁舎1階及び2階のトイレについて、全面リニューアルを行います。子育て世代や高齢者がストレスなく快適に利用できる優しいトイレに整備します。

2 事業概要
 ○東館を男子トイレ、西館を女子トイレとします。
 ○ウォッシュレット付き洋便器、手すり、オムツ替えシート、ベビーキープ等を設置します。
 ○女性用トイレに広々ブースを設け、ベビーカーと一緒に入れるようにします。
 ○多目的トイレに大人用オムツ替えシートを設置します。

3 予算額
 64,952千円
2019年04月01日

小中学校空調整備事業

小中学校空調整備事業
1 事業目的
 近年の猛暑により、体調を崩す児童生徒が増えている状況にあることから、空調機を教室に設置することで適切な室温を管理し、良質な学習環境の提供及び良好な健康状態の保持を実現します。
 
2 事業概要
 ○設置教室数 【H30.12月補正】 普通教室と特別教室へ空調機新設
        【H31当初】 ・普通教室と特別教室の既設空調機更新
                ・その他の教室へ空調機新設 
 ○設置時期  平成31年度     

3 予算額    
 平成30年度12月補正 2,475,344千円
 平成31年度当初     261,800千円

2019年04月01日

小中学校洋式トイレ整備事業

小中学校洋式トイレ整備事業
1 事業目的
 学校施設は児童・生徒の学習・生活の場であり、より良い教育活動を行うためにはその機能性の確保は不可欠です。質の高い教育活動を提供できるようトイレの洋式化を行い、教育環境の改善を図ります。

2 事業概要
 ○小中学校のトイレを洋式化し、洋式化率60%以上を目指します。
 ○事業期間 平成31年度~平成35年度

3 予算額   
 1,325,217千円
  【内訳】
   ・委託費    61,835千円
  ・工事費 1,263,382千円
2019年04月01日

学力向上対策事業【小学校学力向上対策事業】

学力向上対策事業【小学校学力向上対策事業】
○ 小学校学力向上対策事業

1 事業目的
 児童の学習のつまずきの早期発見・早期対処により、「算数が分かる!」という学びの実感と、「算数ができる!」という自己肯定感の感じられる学びの場を提供します。

2 事業概要
 少人数指導非常勤講師21名程度を配置します。
  ○対象学年・・・小学校第3学年・第4学年
  ○対 象 校・・・児童数31名以上の学級がある学校
  ○対象教科・・・算数科

3 予算額
    43,540千円


2019年04月01日

学力向上対策事業【小中一貫学力向上研究指定事業】

学力向上対策事業【小中一貫学力向上研究指定事業】
○ 小中一貫学力向上研究指定事業

1 事業目的
 中学校区の小・中学校の全教職員が学力の実態を分析し、中学校3年生時に生徒が巣立つ時の姿を共有した上で、義務教育9か年を見通した主体的な授業改善及び学力向上研究を推進します。

 2 事業概要
 コアティーチャー(以下、「コアT」)を核としながら学力向上担当者と連携した中学校区内の授業改善及び学力向上研究を推進します。
 ○平成31年度は5中学校区17小中学校を指定します。
    【庄 内 中 校 区】 庄内中、庄内小、菓子野小、乙房小
    【有 水 中 校 区】 有水中、有水小
    【  西  中 校 区】 西中、西小、明和小
    【姫 城 中 校 区】 姫城中、明道小、南小
    【西岳・夏尾中校区】 西岳中、夏尾中、西岳小、吉之元小、夏尾小         
 ○研究指定の中学校区に、 コアTを1名選定します。
 ○コアTを東京都三鷹市へ派遣し、視察研修で得た内容を本研究に還元します。
 ○指定研究学校は、中学校区内での合同授業研究会を実施します。

3 予算額
 1,597千円
2019年04月01日

学力向上対策事業【中学校教員業務支援事業】

学力向上対策事業【中学校教員業務支援事業】
○ 中学校教員業務支援事業

1 事業目的
 中学校教員の教材研究の充実や生徒とじっくり向き合う時間を確保し、学力向上や生徒指導の充実を図ることを目的に業務を支援する支援員を配置します。

2 事業概要
 ○配置校
     各学年4学級以上で、1校12学級以上ある中学校5校に1名ずつ配置
 ○勤務日時
     週2回(火・金曜日)、午前中4時間勤務(長期休業期間中を除く。)
 ○業務内容 
     学年・学級通信や宿題の印刷・仕分け作業、宿題の丸付け作業、授業で使用する道具やICT機器類の準備・片付け、学年コーナーの作品掲示やとりまとめ作業、学校ホームページの記事更新等

3 予算額
 1,344千円 
2019年04月01日

ALTによる語学指導事業

ALTによる語学指導事業
1 事業目的    
 ALT(外国語指導助手)の語学指導を通して、語学力向上並びに豊かな国際感覚を身に付ける機会を提供します。

2 事業概要    
 市内全小学校第3学年から第6学年の外国語活動や、全中学校全学年の英語科の授業等にALT を派遣し、次のような業務を行います。
 〇授業での学級担任や英語教師による外国語指導の補助
 〇教材作成等の支援
 〇英語スピーチコンテストの支援や、地域の国際交流活動への協力 など
    ・平成24年度から地域在住外国人をALTとして雇用し、計画的にALTの増員を進めています。
    ・平成31年度は、地域在住外国人のALTを1名増員し、合計17名のALTを配置します。
    ・小学校の第3・4学年にも外国語活動が実施されたことに対応するため、平成30年度から小学校へ       ALTの派遣回数を増やし、児童生徒の語学力向上や豊かな国際感覚の醸成を図っています。     

3 予算額      
 54,644 千円