女性中心のチームと優れたマネージメント力でふるさと納税に大きく貢献「株式会社 エムツー」|宮崎県都城市ふるさと納税特設サイト

女性中心のチームと優れたマネージメント力でふるさと納税に大きく貢献「株式会社 エムツー」

 都城市のふるさと納税返礼品といえばやっぱりお肉!質、ボリューム、価格ともに他の自治体とは一線を画し、返礼品の種類も豊富です。「株式会社 エムツー」(以下:エムツー)も、そんな都城のお肉人気を支える企業。こだわりの牛・豚・鶏肉を加工販売している配送センターのほか、スーパーマーケットの直営店舗、ディスカウントストアへの卸、さらにはオンライン販売など、さまざまなチャンネルで販売しています。2022年4月には、都城市の中心地・中町に誕生したホテル併設の複合施設「テラスタ」1階のスーパーマーケット「テラスタマーケット」(写真下)にも直営店が誕生。地元の人々に愛されているほか、観光客にも都城の肉文化を伝えています。今回は商品部兼通販部部長の山下悟さんにお話をうかがいました。

 

肉の激戦区・都城で
人気の返礼品提供事業者として走り続ける

 宮崎県産の「宮崎牛」「お米豚」「なごみ鶏」など、高品質のブランド肉を扱う「エムツー」。その名を全国に広げた立役者が、都城市ふるさと納税返礼品やオンライン販売を担当している山下さんです。「以前は宮崎市内で店舗マネージャーをしていました。都城市がふるさと納税日本一になったのをきっかけに社長から〈本社に異動して、ふるさと納税専任になってみないか〉とのミッションを受け、5年前に都城に移住してきました。都城は住み心地がいい街なのですが、食肉加工販売事業者にとっては激戦地。数ある事業者の中でも上位に入れるよう、突っ走ってきました」。

 山下さんの努力の甲斐もあり、「エムツー」の返礼品は大人気で、中には数ヶ月待ちとなっているものも。「寄附者はじっくりと返礼品を比較検討されるので、少しでも質が悪かったり、100グラム単位で減らしたりすると申込件数が一気に変わります。現在、たくさんの寄附件数をいただいているのは非常にありがたいのですが、物差しを間違えた時の落ち方は計り知れない。ふるさと納税にはそんな面白さと怖さがあります」。 

 

“ひとりの限界”を感じたことが
秀逸なチームメイキングの原点

 山下さんが都城に赴任して最初に着手したのが、強固なチームづくり。「宮崎時代はお肉のスライスから販売まで孤軍奮闘していました。でも、結局どれだけ頑張ってもひとりだと生産性は1.5倍くらいしか上がらないんです。それなら仕事をみんなに振り分け、各自の生産性を上げていくことが大きな力につながるのではないかと。強固なチームワークをつくるために“コミュニケーション”と“人員配置”を大切にしました」。

 部長職となった今も、工場でお肉をスライスする山下さん。スタッフと一緒に働きながら、仕事の意味、やりがいなどを共感できる環境づくりを大切にしています。「今やっている仕事にどんな意味があるのか、お客様にどう伝わるのかをしっかりと話し、コミュニケーションをとってモチベーションを上げることが私の仕事です。そうして意識を高めると、高い目標がクリアできる。私は常に売り上げ目標の1.8倍の数字をチームに伝えています。例えば、最終的に1億に着地すればいいと思っていても1.8億と伝えるんです。それが高い目標に思えても、強いチームワークがあると、不思議とクリアできる。工場がフル稼働しても追いつかないなら、各店舗にお願いしてスライスをしてもらうということもしばしばです。全社がひとつのチームとなって協力し合えることが弊社の強さです」。チームの力があれば、1+1が3にも5にもなることを山下さんは実感しています。

 

ふるさと納税担当チームは全員女性。
社員とパートを区別せず
能力で時給もアップ!

 また、女性中心の人員配置も「エムツー」の強さ。「以前はスライサーでお肉を切る仕事は男性社員が担当するイメージがありましたが、今は女性でも、パートさんでも切ってもらっています。実は、ふるさと納税を担当するチームは全員女性です。女性は消費者目線が強いので、商品づくりも丁寧でキレイ。伝えた内容にしっかりと応えてくれます。パートさんも、能力が高ければ時給を上げるようにしています」。

 商品のクオリティを維持するために、ふるさと納税返礼品の発送時も「自分が受け取って嬉しいと思えないものはすべて外す」ということが徹底されています。「梱包時が最後の防波堤。届いたお肉に、期待していた1.5倍以上の感動がないとリピーターになってもらえないんです。たまにクレームをいただくこともありますが、クレームはありがたいメッセージ。すぐに社内で共有し、時には仕入れ先まで巻き込んで改善しています」。「エムツー」が人気事業者であり続けている理由はこういう姿勢にあるのかもしれません。

 

「ふるさと納税日本一の街・都城」
その礎になりたい!

 「エムツー」の返礼品の中でも特に人気となっているのがプライベートブランド「お米豚」のセットです。都城産を中心に南九州で収穫した飼料米を餌に加えた「お米豚」はダイエット効果を高めるといわれるオレイン酸が一般の豚より5.9%高く、昨年、農林水産大臣賞も受賞しました。しゃぶしゃぶ肉は部位ごとに美しくシート巻きされており、手間暇がかかってもお客様に喜んでほしいという思いが伝わってきます。

 また、お肉に同封されているタレ(一部の返礼品を除く)も大人気。都城の在来種「みやだいず」をはじめ、国産原料100%で作られた黒(醤油)と赤(味噌)のタレはモンドコレクションを8回(赤は5回)受賞。このタレを使った「黒唐揚げ」は「テラスタマーケット」(写真下)内のお店でも人気となっています。

 「企業にとって事業拡大は基本だとは思いますが、人数が増えて管理が疎かになり、クオリティが下がることは決して許されません。クオリィを維持しつつ、どう拡大していけるかが今後の課題です。これからも都城市のふるさと納税日本一に尽力できたら」と山下さん。心強い事業者さんがいること、それが都城市の宝です。

 

 

<編集部コメント>

全国の市町村がしのぎを削るふるさと納税は、こんな事業者さんに支えられているのだと改めて実感しました。激戦を戦い抜いていくのは本当に大変でしょうが、消費者にはありがたい限り。これからも素敵な返礼品に期待しています!(N)

 

「エムツー」は数多ある都城市のふるさと納税返礼品提供事業者の中で常に上位ランクの人気を誇っている

 

「テラスタマーケット」内の店舗。精肉のほか、惣菜なども人気で夕方には売り切れることも

 

「BBQ用の塊肉を!」、「焼肉3人前分を」など、店頭にない商品も事前に伝えておけば準備してくれる

 

宮崎牛の9種の部位が入った焼肉セットはふるさと納税の返礼品でも人気

 

オール都城の魅力を伝えるべく、観音池ポークのメンチカツなど、他の事業者の商品も販売している

ご紹介したお礼の品

他のレポートを見る