都城が誇る農畜産物の魅力を全国に発信!「協同商事」 | 宮崎県都城市ふるさと納税特設サイト

都城市ふるさと納税特設サイト

2年連続ふるさと納税1位!
宮崎県都城市のふるさと納税特設サイト

幸せ上々、みやこのじょう 日本一の肉と焼酎、とっておきの自然と伝統

もっと!都城

トップ > もっと!都城 > 特産たくさん!お店訪問 > 都城が誇る農畜産物の魅力を全国に発信!「協同商事」

特産たくさん!お店訪問

都城が誇る農畜産物の魅力を全国に発信!「協同商事」

 「和牛日本一」の称号を持つ宮崎県のなかでも、とりわけ都城は、畜産農家が多く、肉へのこだわりが強いお土地柄。そんな都城で、「お肉を買うなら、ここ」と、地域に愛されているお店があります。それが、協同商事が経営する直売所「ATOM」です。

 宮崎牛はもちろん、野菜、魚、酒、加工食品など、新鮮な商品を求めて、朝から地元の人を中心に多くのお客様でにぎわいます。

 

【生産者と消費者をつなぐ都城市民の台所】

 野菜は、生産者が直接、売り場に持ち込むため、鮮度はバツグン。熱帯地域原産のオカワカメなど珍しい野菜を生産する稲積清美さんは、「『おいしかったよ』と声をかけてもらうととても嬉しい。これからも喜んでいただける野菜を作り続けたい」と、笑顔で話してくださいました。

 他にも、農協の婦人部が開発したドレッシングや宮崎名産の日向夏ジャムなど、地域に密着した商品がそろいます。なかでも都城農業高校がつくった卵は、あっという間に完売する人気商品です。

 

 「都城の素晴らしい農畜産物を日本中に紹介したい」と話すのは、統括店長の大盛貴史さんです。

「農家のみなさんは、真面目に、一生懸命、いいものをつくっている。その魅力をここから発信したいのです。宮崎牛も日本一の称号を得て、トップブランドの仲間入りをしました。神戸牛、松坂牛にも負けないこのおいしさをしっかりとPRしたいと思っています」

 生産者と消費者をつなぐ。使命感が大盛さんの言葉から伝わります。その原点にあるのは、商品へのゆるぎない自信。知れば、よさは必ずわかってもらえる。大盛さんの意欲がにじみます。

 いいものは、いい。お客様は、わかっています。その証拠に、ここ「ATOM」は、全国の直売所のなかでも6位にランクキングされる人気ぶり。休日には、多くの買い物客でごった返します。市外から足しげく通うファンも多いようです。

 

 意外なところでは、馬刺も人気です。馬刺といえば、熊本県のイメージが強いですが、都城産の馬はレベルが違うのだとか。その質と味には、高い評価を得ています。しかも、本場も驚くお手頃価格。都城で馬刺を扱うお店はほとんどないため、この味は貴重。根強い人気を誇る逸品です。

 

【お目当てはやっぱり肉。肉に精通したスタッフが勢ぞろい】

 肉売り場には、吸い寄せられるように人が集まってきます。ショーケースに並ぶ肉は、美しく、そして安い。対面販売のため、肉のプロに肉選びのアドバイスを求めることもできます。

 

 特筆すべきは、肉売り場に笑顔の素敵な好青年が多いこと。肉のカットから販売まで、男前の面々が、真剣に肉と向き合っています。その姿は、頼りがいがあって、ステキ! 隠れファンも多いと思われます。

 

 精肉部主任の古藤飛鳥さんに、おすすめを聞いてみました。
「人気があるのは、A5ランクの宮崎牛の赤身。ほどよくサシが入って、甘みがある。焼き肉で食べると、うまいですよ」

 これこそが、宮崎牛の魅力だといいます。

 

【良質の肉ばかり。これぞ、畜産王国の実力】

 都城では、地元で生産された牛肉を「都城和牛」と呼び、特別な愛着と誇りを持って扱っています。都城の人々は、お肉が大好き。外でバーベキューをするご家庭も多く、「ATOM」ではバーベキューの焼き台レンタルもおこなっています。仲間が集まれば、外でバーベキュー。なんとも贅沢な楽しみ方です。

 ふるさと納税でも人気の「Mの国 黒豚」も、ここで買うことができます。Mの国牧場は、JA都城系列のブランド。品質の高さと安全性には定評があります。一般には流通していませんが、ここに並ぶ肉は、そのほとんどをMの国牧場から仕入れています。牛肉、豚肉、鶏肉、どれを見ても、本当に美しい。畜産王国の真髄を見せていただきました。

 

【仕入れは隣の直売所から。宮崎牛はやっぱり、うまい】

 ここ「ATOM」で販売される肉は、隣接する肉料理専門店「レストラン朝霧」でもいただくことができます。高級感ただようこのお店で、またしてもイケメンを発見。チーフマネージャーの鍋倉健人さんです。

 鍋倉さんにサーブしてもらって、宮崎牛のステーキをいただきました。ヒレは、とろけるように柔らかく、あふれる肉汁が最高の幸福を運んでくれます。ロースは肉の味がしっかりしていて、食べ応えあり。どちらも感動的なおいしさでした。

 

「ステーキはもちろん、焼き肉も、しゃぶしゃぶも、すき焼きも楽しめます。個室もあります。晴れた日には霧島の山々も臨めますよ」

 宮崎牛だけではなく、10月末までは宮崎名産の伊勢エビも楽しめるといいます。伊勢エビを注文する場合は、前日までの予約が必要です。

 「レストラン朝霧」の隣には、バイキングレストランもあります。地元でとれた新鮮な野菜や肉料理が満載で、価格もお手頃。週末には行列ができるほどの人気ぶりです。

 都城を味わいつくす直売所「ATOM」と「レストラン朝霧」。わざわざでも行きたいご当地の魅力が満載です。

 

〈編集部コメント〉

 宮崎牛は、やっぱり最高です。さすがは、日本一。肉の脂が口のなかでほどけ、うまみが口中をほとばしります。
 帰り際に、直売所「ATOM」で、価格が手頃な切り落としの肉を購入しました。これも十分、おいしい。地域から圧倒的な支持を受けるお店だけのことはあります。新鮮な野菜もたっぷり買い込み、この日の食卓はいつも以上に会話が弾みました。
 食の豊かさこそ、幸せの原点。おいしいものを食べれば、自然と笑顔がこぼれます。都城が誇る食の魅力に、ノックアウトされる取材となりました。