まるで注文販売のような細やかな品揃え。「松元商店」|宮崎県都城市ふるさと納税特設サイト

まるで注文販売のような細やかな品揃え。「松元商店」

食品から日用品まで幅広い品揃えで、昔はどの町にも必ずあった「よろず屋」。スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ショッピングセンターの台頭とともに姿を消していきましたが、ここ「松元商店」はその灯りを消すことなく、今も地域の人々の暮らしを支えています。オーナーの松元さんと奥様にその道のりや地域のみなさんとの関わりについてうかがってみました。

 

セカンドライフとして
商店経営を選択

 「松元商店」が開店したのは昭和2年。今年で創業92年を迎える老舗です。「祖父が店を開いたそうです。その後、父が後を継いで、私も幼い頃はよく店番をしていましたよ。しかし、父が15年前に亡くなり、母と妹でなんとかがんばっていたのですが、なかなかうまくいかなくて。私はずっとサラリーマンだったんだけど、定年する3年前に退職して、セカンドライフに店を継ぐという選択をしました」。大型店やコンビニもなかったお父様の時代、地域の人々にとって欠かせない存在として賑わいを見せていた店も、状況ががらりと変わり客足は徐々に途絶えるように。「うちは昔からタバコ、米、塩など販売資格が必要なものもすべて取り扱ってきましたが、お酒だけは扱ってなくて。私が帰ってきて、なんとか状況を変えたいとお酒を取り扱うようになり、ふるさと納税の返礼品も提供するようになったんです」。

 

お孫さんと一緒に
楽しみながら店を営む日々

 現在お店を営んでいるのは松元さんと奥様。しかし、なぜか奥から小さな子どもたちの賑やかな声が。実は半年前にUターンしてきた息子さん一家が店の隣に住んでいて、松元さんご夫婦も孫と一緒に楽しく店を営んでいるそう。「孫と一緒に店番です。ふるさと納税の返礼品を発送する箱の組み立ても遊び感覚で手伝ってくれるんですよ」と松元さん。お孫さんたちと仲良く過ごしながら、続いてきた店を継ぐ、松元さんの理想のセカンドライフがここで叶っています。

 

この商品はこの人用。
オーダー制のような品揃え

 お菓子に加工品、消耗品…「松元商店」の品揃えは実に多彩です。このラインアップ、どうやって決めているのでしょう?「ほぼすべて商品にはお客さまがついてくださっているんです。このお菓子はあの人が好きだから、この洗剤はあの人が使っているから…と、半ば注文制的な感じです。入荷してくると、ちゃんとその方が買ってくださるので、商品の回転はいいんですよ」。お客さまの多数は高齢者。高齢者にとって広いスーパーは歩くだけで疲れてしまうこともありますが、ここなら欲しいものが必ず仕入れてあって、店内をぐるりと一周するだけで事足ります。「このコンパクトさが助かる」というお客さまも多いそう。また、お客さまとの距離が近いので、お買い物のあとは腰を下ろしておしゃべりも。お店は地域の憩いの場という役割も果たしています。「時々お店を休むと、翌日お客様から “今日は開いてるの?昨日休んでいたから、タバコを我慢してたんだよ。ここで買うと決めているから”と電話がかかってきたりします。近くにはコンビニもあるのに、ありがたいなーと実感しました」。

 

知られざる一面にびっくり!
実に芸達者なご夫妻

 実は松元さんご夫妻には驚くような一面が。松元さんは“親夜亭松風”という名の落語家としても活動しています。「昔からダジャレは好きだったんですけどね、笑。鹿児島弁を使った落語で知られる三遊亭歌之介さんの真似をしているうちに、“今度、うちの敬老会でもやってよ!”と地域のイベントに呼んでいただけるようになって。年に1本くらい創作落語もつくっています」と松元さん。また、ご主人のみならず、奥様もフラメンコ歴10年!発表会などで情熱のステップを踏んでいます。「昔からふたりとも楽しいことが大好き。自分たちが楽しみながら地域のみなさんに喜ばれるのはうれしいですね。これからも地域に愛されて、人々が集うお店となっていけたらいいなと思っています」。いつも楽しそうな松元さんご夫妻のもとに、地域の人が集うのも納得。明るい笑顔が街に元気を与えてくれています。

 

 

<編集部コメント>

明るく仲良しの松元さんご夫妻。ご主人はお料理も好きで、奥様にふるまってくださるのだとか。羨ましい限りです。「仲良しの秘訣は?」とうかがってみると「とにかく干渉せず、お互い趣味をもって楽しく生きること」と奥様。なるほど!勉強になりました(N)

 


ふるさと納税の返礼品として提供している「赤シリーズ(赤霧島・吉助赤・みやこざくら)お得セット」。飲み比べが楽しめると好評です

 


フラメンコの発表会にて。左が奥様です

 


ご夫婦でマジックを披露することも!!なんと芸達者なご夫妻なのでしょう

 


笑顔が素敵な奥様。この優しい雰囲気も「松元商店」の人気に一役買っています

 


松元さんが東京で行われたふるさと納税のイベントに参加した際、「芋焼酎より麦焼酎の方が飲みやすい」と聞いたことからつくったふるさと納税返礼品「むぎ焼酎飲み比べセット」

ご紹介したお礼の品

他のレポートを見る