スイーツが運ぶ幸せのチカラ 毎日立ち寄りたくなる「CREAM+ちょいかふぇ」|宮崎県都城市ふるさと納税特設サイト

スイーツが運ぶ幸せのチカラ 毎日立ち寄りたくなる「CREAM+ちょいかふぇ」

 看板メニューのシフォンケーキやクレープに加え、焼き菓子、タピオカドリンク、ソフトクリームにかき氷…、「CREAM+ちょいかふぇ」はスイーツファンにはたまらないラインナップが揃います。手掛けているのは清水友美さん・梨沙さんご夫妻。お二人が試行錯誤のうえ完成したスイーツは、いずれもシンプルなのに、食べた瞬間「これは美味しい!」と素直に感動できるお味です。その人気は徐々に広がり、今では催事での出店を心待ちにしている各地のファンも増加中。都城発のスイーツとして、今後ますます注目を集めそうです。

 

思い立ったら即行動!
いきなり2店舗のオーナーに

 「CREAM+ちょいかふぇ」がオープンしたのは2016年。梨沙さんが通っていた宮崎市内のクレープ店「CREAM」が閉店することになり、後継者を募集。「やってみたい!」と手を挙げたのがはじまりでした。「当時から趣味がお菓子づくりでした。小さい頃、家にオーブンがなかったので、大きくなったらオーブンを使ってお菓子をつくるのが夢だったんです。でも、それはあくまで趣味の範囲。仕事にするとは思っていなかったのですが、たまたま好きだったお店が後継者を探していたので、じゃあ、私がやろうかなと。正直、深く考えず、軽い気持ちで手を挙げました(笑)」。

 思わぬ転機を迎え、いきなり独立開業。しかも、宮崎市内のお店を引き継ぎつつ、住んでいた都城市にも現店をオープンすることに。開業とともに、2店舗のオーナーになりました。「あの頃は、不思議と迷いがなかったですねー(笑)。でも、親や周囲の人に言ったら反対されるとわかっていたので、自分がオーナーということは伝えず、“雇われた”って言っていました(笑)。軌道に乗ってから、本当のことを言えばいいかな〜と。もともと思ったら即行動!のタイプなんです」。幸いにも開店と同時にお店は人気に。つくって、売って、経営してと、梨沙さんは多忙な日々を送っていました。

 

「妻の味を広めたい!」
純粋な思いで二人三脚がスタート

 順調な船出から2年が過ぎた頃、徐々に売り上げがダウン。しかし、イベントへの出店に声がかかるようになり、店以外の販路が徐々に広がっていきました。ちょうどその頃、お二人は都城市と宮崎市で遠距離恋愛中。結婚を決意したのを機に、友美さんが都城に家を建て、お店を営んでいくことにしました。「交際中、妻はよく手づくりのスイーツを食べさせてくれていました。私自身は特に甘党というわけではないのですが、彼女がつくるシフォンケーキは本当に美味しかった。この味を広めたい!と一緒に仕事をしていくことにしたんです」と友美さん。都城市に移住してからは、奥様が先生となり、友美さんのパティシエ修業がスタート。「同じ材料を使い、レシピ通りにつくっても妻の味にならないんです。何ヶ月も繰り返しシフォンケーキを焼いて、やっとなんとか店で出せる味になりました。お菓子づくりは本当に繊細で難しい!というのを体感しましたね」。同時に、友美さんは営業の仕事もスタート。新規取引先を開拓していきました。

 

都城産卵を使った
こだわりスイーツに癒される

 「CREAM+ちょいかふぇ」を訪れる多くの人がお目当てにするのが名物のシフォンケーキとクレープ。どちらも都城産のブランド卵「きみ恋卵」が使われています。クレープは引き継いだ宮崎市のお店(現在はクローズ)の味をベースにアレンジを加え、毎日約300個を手づくり。シフォンケーキも北海道産小麦粉、豆乳を使用するなど素材を厳選し、ベーキングパウダーも不使用です。また、驚くのはそのバリエーションの豊富さ。どちらも毎日12~13種類が並び、どれにしようか?と“選ぶ楽しみ”、次は何にしよう?と“リピートする楽しみ”があります。さらに、ドリンクメニューも用意され、“ちょいかふぇ”スペースもあるので、その場でお菓子をいただくことも可能です。「ちょっと甘いものが食べたいなというときに、みなさんが気軽に立ち寄って、ホッと一息つける。そんな場所になればいいと思っています」。お土産やおやつを買い求める主婦や、学校帰りの学生さんなど、1日中訪れる人が後を絶たない「CREAM+ちょいかふぇ」は甘党の癒しの場となっています。

 

新商品開発も二人で。
都城から全国へ。
スイーツで人々を笑顔に!

 今年10月からは新商品として「バスク風チーズケーキ」が登場。こちらは友美さんがアイデアを出し、夫妻で何度も試作を重ねて完成させた自信作です。「すごくいい出来になったと思うので、期待してください!12月にも新しい商品を発売すべく、現在試作を重ねているところです。夫は甘党ではないのですが、熱心に仕事に取り組んでくれて本当に感謝しています。お客様が美味しいと笑顔になってくれるのが一番の幸せなので、これからも自分の目が届く範囲でお菓子をつくり続けられたら」と梨沙さん。一方、友美さんは「僕はできれば全国各地のイベントなどにも出店して、この味を広めていきたいですね。今後はオンラインでの販売もやっていきたいです」と意欲的!梨沙さんが味を守り、友美さんが事業を拡大していく。「CREAM」のスイーツが、全国の人々を笑顔にする日も遠くないかもしれません。

 

 

<編集部コメント>

とっても仲良しで、取材中も笑いが絶えないご夫妻。「円満の秘訣は?」と聞いてみると、「干渉しないこと!」と即答。勉強になりました。笑(N)

 

「いろんなお店のを食べたけれど、ここのはしっとり&ふわふわ感が全然違うんです」と常連客を虜にしているシフォンケーキ。プレーンやメープルなどのほか、レモンピールが入ったタイプなども好評。一個300円台だが、5個買うと1500円に!

 

朝6時から始まるお菓子づくり。少人数ですべて手づくりしている

 

毎日手焼きした生地に口溶けのよいクリームを使ったクレープ。「実はポテサラも人気なんですよ!」

 

多彩なスイーツやドリンクが揃い、女性ファンが多い

 

クレープは定番12種類に加え、季節の限定メニューも。一個150円から

ご紹介したお礼の品

他のレポートを見る