コーヒー文化を都城に!こだわりの焙煎で本物の味を伝える「WONDERFUL WORLD COFFEE」|宮崎県都城市ふるさと納税特設サイト

コーヒー文化を都城に!こだわりの焙煎で本物の味を伝える「WONDERFUL WORLD COFFEE」

 最近よく耳にする「スペシャルティコーヒー」。そもそも「スペシャルティコーヒー」とは出自が明確で良質な生豆であり、加えて第三者機関(日本の場合『日本スペシャルティコーヒー協会』)が認めた“高品質で特徴的な味わいを持つコーヒー”のこと。そんな厳しい基準をクリアした豆の持つ力を最大限に引き上げるのが「焙煎」です。その技術を磨き、都城に珈琲ファンを増やしているのが「WONDERFUL WORLD COFFEE」。今回は店主の竹下直樹さんにその魅力についてうかがってきました。

 

ミルで挽いて淹れる
コーヒーの香りに魅せられて

 「WONDERFUL WORLD COFFEE」はカフェではなく、コーヒー豆販売専門店。住宅街の中にあるにも関わらず、朝からこの店のコーヒー豆を買いに訪れる人が後を絶たないほどの人気ぶりです。「開店から今年で丸10年になります。お陰様で少しずつリピートしてくださるお客様が増えてきました」と竹下さん。子どもの頃、お祖父様がミルで豆を挽き、コーヒーを淹れていた香りに魅せられたというのが竹下さんのコーヒー人生の原点。「とはいえ、飲めるようになったのは中学生の頃。しかも缶コーヒーでしたよ(笑)。でも、いつかコーヒー屋さんがしたいというのはずっと思い続けていました」。社会人になり、発電所の技師として10年が過ぎた頃「そろそろ夢を実現したい」と思うようになった竹下さん。当時赴任していた福岡で、コーヒーの飲み歩きを始めました。「いろいろお店を巡ったのですが、なかなかいいと思える味に出会えなかったんです。でもある日、スペシャルティコーヒーを提供する『ハニー珈琲』というお店に出会い、そのフレーバー、後味、酸味、甘味、バランス、透明感などの美味しさに感動。自分もスペシャルティコーヒーを極めたいと決意しました」。

 

豆を極めたい!という思いから
カフェではなく、豆販売店を選択

 いざ、自分の店を都城で!と考え、12年ぶりに帰郷した竹下さん。「どんなお店にするか?と考えた際、美味しく淹れたコーヒーを楽しんでもらうならカフェスタイルの方がいいかなとも思ったのですが、そうなるとコーヒー以外のこと(他のメニューなど)も考えないといけなくなる。果たしてそれが自分が本当にやりたいことなのだろうか?と悩みました。大手コーヒーチェーン店がない都城では、もしかしたら、カフェの方がニーズがあったのかもしれません。しかし、やはり自分はコーヒーだけで生きる、この道を極めたいんだ!という思いから豆売りの店に決めたんです」。そう決意し、テナントを探していた際、ちょうど現在の土地に古い家を持っていた親戚が、家の建て直しを行おうとしているという話を聞き「新たにここに自分の店を建てたい!」と交渉。「世界中の素晴らしいコーヒーを紹介したい」という思いから店名をつけ、2011年「WONDERFUL WORLD COFFEE」が誕生しました。

 

九州チームとして参加した競技会。
ここで焙煎した豆が1位に

 店内で圧巻の存在感を放つのが巨大な焙煎機。最先端のロースティングシステムを駆使したマシン「LORING SMART ROAST」を導入したことで、竹下さんの追求する味が出せるようになったそうです。「世界的にも評価が高い完全熱風タイプの焙煎機です。焙煎の機械も様々な種類のものがありますが、これは熱風で豆に熱を加えるというもの。そうすることで豆に均一に熱が入りやすく、いいフレーバーを引き出せるんです。ハイスペックなので、使いこなせるようになるまでには時間もかかかりました。まずはメーカーのところで何度か焙煎させてもらい練習。その後も国内トップレベルのロースターを3人招いて使ってもらい、徐々にマシンの特性や自分らしい味の出し方というのを理解していきました」。2016年に開催された日本スペシャルティコーヒー協会主催の焙煎の競技会「ローストマスターズチームチャレンジ」では、ここで焙煎された豆を使った九州チーム(竹下さん含む)が審査員部門で1位を獲得!竹下さんにとっても大きな自信になったそうです。

 

コーヒーが苦手だった人も
飲めるように!

 実は都城市内で人気のラーメン&カフェ「THE SNOOUP」でも「WONDERFUL WORLD COFFEE」の豆が使われています。「オーナーの安藤さんがお店に来てくれたことが縁で、取引がスタートしました。ラーメン店でありながら、カフェとしても人気のお店なので、うちのコーヒーをたくさんの方に飲んでいただけることは嬉しいですね。都城にいると人から人へとつながりが広がっていくのを体感します。お客様が次のお客様を呼んでくださるんです。昔は質の悪い豆も日本に流通していたので、それを飲んでコーヒー嫌いになられた方も多かったようですが、うちでスペシャルティコーヒーを初めて飲んだお客様が『自分はコーヒーが苦手だったけど、ここで飲めるようになりました』と言ってくださることも。この仕事をしてきてよかったと心から思う瞬間です」。本物の味を伝える「WONDERFUL WORLD COFFEE」。コーヒーの奥深い世界に触れられる入り口として、これからも街の人々に愛され続けること、間違いなしです。

 

 

<編集部コメント>

「どうしたら繊細なコーヒーの味がわかるようになりますか?」と伺ってみたところ「いいコーヒーを飲み続けること。少し詳しい人と一緒に飲むこと。ワインと一緒ですよ」と竹下さん。なるほど、納得!ワインより入りやすいコーヒーの世界。足を踏み入れてみたくなりました(N)

 

常時7種類の豆を販売。テイスティングしながら好みの豆を探せる。200g以上購入の場合、コーヒーや、カプチーノ、カフェラテなどをサービスしてくれる。また、自宅で美味しく飲むためのコーヒーミルやドリッパーなどの器具も販売。豆に合わせたアドバイスも受けられる

 

バッグなどオリジナルグッズも販売。このロゴや竹下さんの似顔絵は奥様作

 

「コーヒーの多様性を感じてもらいたい」と販売する豆も変えるようにしているそう。お客様の好みに応じたコーヒー選びにも丁寧にアドバイスしてくれる

 

ふるさと納税返礼品としても人気のアイスコーヒーやカフェラテベース。パッケージも可愛く、ギフトとしても人気!

 

産地や豆のことなどを紹介する自作のフリーペーパー「Coffee News Letter」。毎回500部を発行し、お客様に渡している

ご紹介したお礼の品

他のレポートを見る