活用事業のご紹介 | 使い道と実績 | 宮崎県都城市ふるさと納税特設サイト

都城市ふるさと納税特設サイト

2年連続ふるさと納税1位!
宮崎県都城市のふるさと納税特設サイト

幸せ上々、みやこのじょう 日本一の肉と焼酎、とっておきの自然と伝統

使い道と実績

トップ > 使い道と実績 > 活用事業のご紹介

  • 寄附金の使い道
  • 寄附金の実績
  • 活用事業のご紹介
 

2014年04月01日
小学校図書館サポーター配置事業

小学校図書館サポーター配置事業
1 事業目的
都城市内の小学校に小学校図書館サポーターを配置し、学校図書館活用の工夫や環境の改善、読書活動の充実を図ることで、児童の読書への興味や関心を高め、読書活動を推進します。

2 事業概要
市内の小学校に図書館サポーターを配置し、次のような業務を行います。
・本を紹介するイラストカードの作成や掲示などの図書館設営
・国語などの授業における読み聞かせやブックトークなどの授業サポート
・昼休み時間や給食時間に児童への読み聞かせ活動
・本の修理や図書の選本、レファレンス など

3 配置計画 平成28年度までに倍増(予定)


4 予算額
11,458千円

2014年04月01日
都城島津伝承館特別展開催事業

都城島津伝承館特別展開催事業
1 事業目的
開館5周年を記念した展示会及びシンポジウムを開催することで、市民(来館者)の新たな歴史、美術的知見の向上に資するものです。あわせて新たな切り口から南九州や都城の歴史を再認識するものです。また、シンポジウムの開催により、都城の歴史的資源である「都城島津」の情報発信に努め、さらなる知名度の向上を目指します。

2 事業概要
開館5周年を記念して教科書等でも著名な史料による展示会を開催します。惟宗忠久(これむね ただひさ)が島津を名乗る経緯や南九州における勢力拡大の展開、分家した都城島津家の誕生と権力基盤確立の過程等、島津家及び都城島津家創業の歴史を、展示において日本史上に位置づけて紹介し、シンポジウムでは都城島津邸への関心度を高めていきます。

【展  示  会】  名称 「島津と北郷の時代 ~鎌倉・南北朝期の南九州~」
            会期 平成26年10月11日(土)~11月30日(日) 52日間

【シンポジウム】  名称 「『島津発祥』と都城-都城島津邸の地域発信力」
            開催 平成26年11月8日(土)

3 予算額
11,233千円